会社設立の際は税金に注意

個人事業主であっても、会社を設立して社長となる場合であっても、きちんと税金には注意しましょう。電卓と確定申告書個人事業主の場合は、毎年必ず確定申告を行わなければなりません。
それに、どれくらいの税金を支払わなくてはならないか、ということを自分自身で計算して確定させる必要があります。
これを怠ったり、申告漏れなどがあったりすると、余計に税金を支払わなくてはならなくなることもありますし、最悪の場合は脱税として逮捕されてしまうこともあります

会社設立をする場合ならば、専用の税理士であったり、税理士資格を持っている人を雇い入れて計算させることができます。そのため、社長となる個人としては、行う事務的な作業は少なくすることができます。(関連HP – 会社設立の代行 アディーレ

しかし、税金として支払わなければならない金額がかなり多くなりますし、お金の管理などもしっかりと行う必要があるので、信用ができて、確実性のある税金に詳しい方を雇う必要があると言えるでしょう。こちらの場合であっても、税金の支払い漏れなどを起こしてしまわないように注意しましょう。

また、節税は最近いろいろなことで話題になりましたが、今後も何が違法行為になるか分かりませんので、税金に関することはきちんと調べておいた方がいいかもしれません。

適切に節税をする上で必ず注意するべき事項

不景気なこのご時世において、自らの財産を適切に守っていくというのは非常に重要なことです。税金は納めなければならない物ですが、何もせずに多く納めているだけでは自分の資産が減っていく一方です。適切に節税をし、余分に残ったお金で自分の欲しいものを買ったり何かの消費に使えば、税金を納めるとは違った方法で、社会に貢献していると言えます。

特に個人事業主の方や、中小企業の経営者の方は非常に節税したい立場にいると言えます。簡単な方法としては、まず必ず税理士と契約しましょう。税務関係の仕事も全て自分でやっている方も契約していたほうが何かと便利です。節税に対する適切な助言がもらえると思えば顧問料は安いものになります。

まず必ずしておくべきなのは、私的なものや仕事の分を含めてあらゆる領収書はとっておくようにしましょう。
節税もちろん分別した上で、何に使ったかわかるようにして取っておいてください。
どんな領収書が経費として落とせるのか、素人の考えでは計れない部分があるので、細かい部分は税理士と相談しましょう。
経費として落として、利益を低くすることで法人税を節税できます。
必ずしも全ての領収書が経費として認められるわけではないので、十分に対策をする必要があります。

企業活動における税理士の重要性と選定について

昨今は、企業経営者に対する社会的責任が求められる時代になっています。自社の会計報告を正確にかつ公正に行い、正確な企業情報を株主他関係各位に公表する義務が重要視されています。
大企業でも粉飾決算が行なわれており、問題になることが多くなってきています。このような時代背景においては、企業外の第三者による監査体制が不可欠となっています。その意味で、税理士は大変重要な職業であると言えます。

企業の税務面での相談にも対応してくれる税理士には信頼のおける方を選定したいものです。誤った税務処理・会計処理をして、その誤りが世間に公になることで、対外的に与える自社のイメージを悪いものにしてしまい、業績悪化にもつながりかねません。
信頼できる税理士を探す際には、税理士協会のような世間的に評価された団体に登録している税理士を選定すべきです。また、インターネットで、最寄りの税理事務所を検索することも簡単にできるようになりましたので、参考にしてもらいたいです。



Top