会社設立とは?

会社設立は、その名前の通り自身の会社を設立することをいいます。だからと言って、専用のオフィスなどをわざわざ設立したりする必要はありません。また、法人化することも会社設立の一つだとも言われます。

会社設立は個人事業と違って、従業員が必要になるような大きな事業をしようと考えている方におすすめです。個人事業主であっても、従業員を雇い入れることはできます。ただ、会社を設立すると、従業員を雇い入れる際の社会保障料などが増加するというデメリットもあります。

しかし、会社設立をする上での大きなメリットは、信用が得られるようになることと、節税の幅が広がって収益が増えることです。特に、個人としての収入がかなり多額になると、税金として払わなくてはいけないお金も多くなりますが、会社設立をすれば多くのことを費用として賄えるようになりますので、支払う税金を少なくすることができるようになり、総合的に見れば手元に残ろうお金が個人で働いていた時よりも多くすることが可能です。もちろん、設立に当たっては30万円近くの費用がかかってしまいますが、それを差し引いても十分に利益が得られるようになりますので、かなり大きな事業をやろうと思っている方は会社設立をすることをおすすめします。