個人事業主とは?

まず、個人事業主とはそもそも何なのか、ということですが、その言葉通りで個人だけで事業を行う人のことを指します。個人事業主の場合は、法律上の手続きなどがほとんどないため、かなり簡単に行うことができます。そのために、仕事を辞めて個人事業主、フリーランスとして働く人も多いですし、学校を出てすぐに個人として働き始める人も多いです。仕事のし易さや開業のし易さ、さらにそれにかかる費用などもほとんどないので、わざわざ会社を設立する必要性がないのであれば、個人事業主として働き始めることがおすすめです。

個人事業主として働く場合は、開業届を提出する必要もあります。ただ、それらの記入はかなり簡単です。別に提出をしなくとも、個人事業主として働くことはできるのですが、する上でのメリットは個人事業主が必ず行わなくてはいけない確定申告の中でも、最大65万円までの控除がもらえる青色申告を行えるようになることが挙げられます。

ただ、そのためには確定申告のための帳簿がかなり複雑になり、年末年始にかけてかなり苦しい作業を強いられることもあります。また、収入が多くなれば多くなるほどそれも複雑化しますので、事業がかなりうまくいきそうならば、個人事業主として働くとちょっと面倒なことになってしまうことがデメリットとして挙げられるでしょう。