税金に注意

個人事業主であっても、会社を設立して社長となる場合であっても、きちんと税金には注意しましょう。個人事業主の場合は、毎年必ず確定申告を行わなければなりません。それに、どれくらいの税金を支払わなくてはならないか、ということを自分自身で計算して確定させる必要があります。これを怠ったり、申告漏れなどがあったりすると、余計に税金を支払わなくてはならなくなることもありますし、最悪の場合は脱税として逮捕されてしまうこともあります。

会社設立をする場合ならば、専用の税理士であったり、税理士資格を持っている人を雇い入れて計算させることができます。そのため、社長となる個人としては、行う事務的な作業は少なくなるかもしれません。

外部サイト[会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ会計事務所
→税理士に会社設立をサポートしてもらえる会計事務所のサイトです。

しかし、税金として支払わなければならない金額がかなり多くなりますし、お金の管理などもしっかりと行う必要があるので、信用ができて、確実性のある税金に詳しい方を雇う必要があると言えるでしょう。こちらの場合であっても、税金の支払い漏れなどを起こしてしまわないように注意しましょう。

また、節税は最近いろいろなことで話題になりましたが、今後も何が違法行為になるか分かりませんので、税金に関することはきちんと調べておいた方がいいかもしれません。


会社設立とは?

会社設立は、その名前の通り自身の会社を設立することをいいます。だからと言って、専用のオフィスなどをわざわざ設立したりする必要はありません。また、法人化することも会社設立の一つだとも言われます。

会社設立は個人事業と違って、従業員が必要になるような大きな事業をしようと考えている方におすすめです。個人事業主であっても、従業員を雇い入れることはできます。ただ、会社を設立すると、従業員を雇い入れる際の社会保障料などが増加するというデメリットもあります。

しかし、会社設立をする上での大きなメリットは、信用が得られるようになることと、節税の幅が広がって収益が増えることです。特に、個人としての収入がかなり多額になると、税金として払わなくてはいけないお金も多くなりますが、会社設立をすれば多くのことを費用として賄えるようになりますので、支払う税金を少なくすることができるようになり、総合的に見れば手元に残ろうお金が個人で働いていた時よりも多くすることが可能です。もちろん、設立に当たっては30万円近くの費用がかかってしまいますが、それを差し引いても十分に利益が得られるようになりますので、かなり大きな事業をやろうと思っている方は会社設立をすることをおすすめします。


個人事業主とは?

まず、個人事業主とはそもそも何なのか、ということですが、その言葉通りで個人だけで事業を行う人のことを指します。個人事業主の場合は、法律上の手続きなどがほとんどないため、かなり簡単に行うことができます。そのために、仕事を辞めて個人事業主、フリーランスとして働く人も多いですし、学校を出てすぐに個人として働き始める人も多いです。仕事のし易さや開業のし易さ、さらにそれにかかる費用などもほとんどないので、わざわざ会社を設立する必要性がないのであれば、個人事業主として働き始めることがおすすめです。

個人事業主として働く場合は、開業届を提出する必要もあります。ただ、それらの記入はかなり簡単です。別に提出をしなくとも、個人事業主として働くことはできるのですが、する上でのメリットは個人事業主が必ず行わなくてはいけない確定申告の中でも、最大65万円までの控除がもらえる青色申告を行えるようになることが挙げられます。

ただ、そのためには確定申告のための帳簿がかなり複雑になり、年末年始にかけてかなり苦しい作業を強いられることもあります。また、収入が多くなれば多くなるほどそれも複雑化しますので、事業がかなりうまくいきそうならば、個人事業主として働くとちょっと面倒なことになってしまうことがデメリットとして挙げられるでしょう。


個人事業と会社設立

いざ、会社を辞めて個人で仕事を始めようと思ったときに、まず真っ先に悩むことは個人事業として仕事をするのか、それとも会社を設立して仕事をするのかのどちらを選ぶかです。一人だけでできる仕事ならば、無理に会社設立をしたり法人化をする必要はありません。ただ、事業がかなり大きくて、自分だけで仕事を行えなくて、従業員を雇い入れる必要があったりすると、個人事業だけでは仕事ができず、会社の設立をしなければならなくなります。

ただ、多くの人が個人事業と会社設立の明確な違いというものがいまいち分かっていないのではないか、と思います。それもそのはずで、あまり調べようとは思わないことばかりですし、場合によっては個人でできる仕事であっても、会社設立をしてしまった方がいい場合もあります。

ですので、今回は会社などを辞めて新たに自分が仕事を行おうと思っている方へ向けて、個人事業主と会社設立の簡単な説明とその違いについて説明したいと思います。

また、仕事を始めてからかなり気になってしまう、私たちがこの国で生きていく上で支払わなければならない税金についても少し説明したいと思います。これだけで自分自身で仕事を行うために必要になる知識が全て賄えるわけではありませんが、多少知っておけば、必ず役に立つことですので、個人事業主になるのか、会社を設立するのか悩んでいる方はぜひとも参考にしてみてはいかがでしょうか。一読して頂けると嬉しいです。